元帰宅部ランナー

元帰宅部。
現トライアスロン日本代表(エイジ:アマチュア部門)

【記録】
はじめてのマラソン「10km1時間15分11秒」→奈良マラソン「10km36:15」
はじめてのトライアスロン「3時間36分13秒」→びわ湖トライアスロンin近江八幡「2時間13分05秒」
アイアンマン(スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km合計226km)完走

元帰宅部ランナーをフォローする

【おすすめ3選】普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ

速く走るための方法を考える
スポンサーリンク

みなさんどうも、こんにちは!

僕は元帰宅部の本気【The VO2 MAX RUN】というYOUTUBEチャンネルでランニング・マラソン情報を発信をしている市民ランナーです。

練習でも使えて日常でも普段使いできるようなコスパの良いランニングシューズはないのか?

これだ!

と思うマラソン練習も普段使いも出来るおすすめランニングシューズを3つ、番外編1つを紹介します。

へ~こんなんあったんだ!と言えるかっこいいランニングシューズを紹介します!

  1. ズームフライトリプルブラック【おすすめ普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ】
    1. ナイキズームフライトリプルブラック(オールブラック)の使用感・感想
    2. ナイキズームフライトリプルブラックはおしゃれでおすすめ
    3. メリット【ナイキズームフライトリプルブラック】
    4. デメリット【ナイキズームフライトリプルブラック】
    5. まとめ【ナイキズームフライトリプルブラック】
  2. 【備考】ナイキ厚底ランニングシューズの偽物について
  3. ホカオネオネボンダイ【おすすめ普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ】
    1. ホカオネオネのランニングシューズはおしゃれ!
    2. おすすめはホカオネオネのボンダイシリーズ(ボンダイ7)
    3. メリット【ホカオネオネボンダイ】
    4. デメリット【ホカオネオネボンダイ】
    5. まとめ【ホカオネオネボンダイ】
  4. 備考【ホカオネオネの黒色について】
  5. ナイキエアズームペガサス37【おすすめ普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ】
    1. ナイキエアズームペガサスの特徴
    2. メリット【エアズームペガサス】
    3. デメリット【エアズームペガサス】
    4. まとめ【エアズームペガサス】
  6. 【おすすめシューズ番外編】普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ
    1. ナイキヴェイパーストリートフライニット(VAPOR STREET FRYNIT)の特徴
    2. メリット【ナイキヴェイパーストリートフライニット】
    3. デメリット【ナイキヴェイパーストリートフライニット】
    4. まとめ【ナイキヴェイパーストリートフライニット】

ズームフライトリプルブラック【おすすめ普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ】

まずは普段使いも出来て尚且つおしゃれ、マラソン練習にも十分対応可能なランニングシューズ。

ナイキズームフライトリプルブラック

藤原ヒロシ氏というファッションデザイナーが履いていて、オッ!かっこいい!しかもズームフライなら練習にも使える!と思って即購入しました。

ちなみにこれは初代ズームフライです。なぜかと言えば、このカラーデザイン。トリプルブラック(オールブラック)は初代ズームフライにしかないからです。ナイキの自社サイトから自分で好きなカラーリングのランニングシューズをつくれるらしいですので、自分だけのランニングシューズをオーダーメイドするのもありっちゃありだと個人的には思います。

そしてこれが新型のナイキズームフライ3

やはり、、、普段使いだとダサい。というかカラーリングの問題で良い感じの黒がないんですよね、、、普段履きやおしゃれも考えるのなら初代のナイキズームフライオールブラック(トリプルブラック)が超おすすめ!

ナイキズームフライトリプルブラック(オールブラック)の使用感・感想

レースで使用するにはやや重い感じがしますが、マラソン練習や普段使いには最適です。マラソン練習でも特にロングジョグやペース走におすすめです。インターバルも可能ですが、重量のためやや脚のさばきがダボついたようになります※個人的な感想

アッパーの伸縮性が高いためか履き心地も柔らかく、靴擦れや爪の痛みもなく快適でした。ナイキ厚底シューズ特有のフォアフットに対応した不安定で転がる感じも特に歩きづらさに結び付くこともなく、気になりませんでした。あくまでマラソンレース用のランニングシューズ(ヴェイパーフライ)ではないからだと思います。見た目はほとんど変わりませんが、レース専用シューズ(ヴェイパーフライ)はカーボンプレートや推進力を生む不安定さ、軽量化が施され別物のランニングシューズと化しています。

ナイキズームフライトリプルブラックはおしゃれでおすすめ

ランニングシューズ問わずシューズ全般に言えますが、オールブラックは抜群の汎用性があります。真っ黒なシューズはどのような服装にも合う!このナイキズームフライトリプルブラックはランニングシューズなのでもちろん歩きやすいし走りやすい。このナイキズームフライはオールブラックなので、どんな服装にも似合うというのが最高におすすめポイントです。

もちろん、耐久性も高くハードなマラソン練習にも使えます。たぶん700km以上は走ったと思います(写真撮影時)。現在は無事?マラソン練習から引退し、普段使いとして重宝しています。さすがはランニングシューズ、練習で酷使しましたが、違和感なく長時間の移動でも疲労を感じさせません。普段使いとして使っていたコンバースのオールブラックと比べると機能性はレベル違いです。

新型のズームフライでも新型のペガサスシリーズでも良いので、オールブラック(トリプルブラック)を新作としてラインナップしてほしいです。お願いします!ナイキさん!

メリット【ナイキズームフライトリプルブラック】

マラソン練習(インターバル以外)でも普段使いとしても、最高のパフォーマンスを発揮してくれます。ナイキの厚底シューズなので身長も高くなりおすすめです。トリプルブラック(ブラック)なのでどのような服装にもマッチします。

ナイキズームフライトリプルブラックはおすすめのランニングシューズです!

スポンサーリンク

デメリット【ナイキズームフライトリプルブラック】

入手困難!?

ズームフライのトリプルブラックは海外限定モデルらしいので日本の店舗店で見つけることは出来ないかもしれません。しかし、通販で購入できるので、購入するには通販限定となります。

これはナイキズームフライトリプルブラックだけではないのですが、初代のズームフライや4%(ヴェイパーフライ)は、シューレースがほどけやすい。なぜこのシューレースにしたのか!?と疑問が出てくるほどほどけやすいです。

現在のズームフライやヴェイパーフライのシューレースはほどけにくくなって一安心です。

まとめ【ナイキズームフライトリプルブラック】

ナイキのズームフライはたくさん売られていますが、オールブラック(トリプルブラック)は数が少なく手に入れることが難しいかもしれません。しかし、ランニングシューズとしての性能は良い!ランニングシューズっぽい色のズームフライを購入するよりも、オールブラック(トリプルブラック)を一足購入することをおすすめします。かっこよく普段使い出来るので、その点でコスパは高いと思います。

【備考】ナイキ厚底ランニングシューズの偽物について

ナイキの厚底ランニングシューズは偽物が出回っています。しかし、それはあくまで価格が高いヴェイパーフライと呼ばれる商品だけだと思います。よってヴェイパーフライの廉価版であるズームフライの偽物はほとんど存在しないと思います。普通に考えて廉価なランニングシューズの偽物を作るメリットがありませんので。よって通販でヴェイパーフライを購入するときは注意が必要です。というかナイキの公式オンラインショップ一択です。ときどきセールをしており、ヴェイパーフライでも20%~30%オフで購入できるときがあります。

Nike. Just Do It. Nike.com (JP)
NIKEの最新情報のチェックおよび新商品の購入はナイキ公式オンラインストアでどうぞ。

ホカオネオネボンダイ【おすすめ普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ】

おしゃれは足元からと言われるように、それ?ランニングシューズ!?と言われるほどカジュアルであり、練習でも最高のパフォーマンスを発揮するランニングシューズはやっぱりこれ!

ホカオネオネのオールホワイト(HOKAONEONE)

クリフトンシリーズ

ボンダイシリーズ

 

ホカオネオネのランニングシューズはおしゃれ!

有名なセレクトショップにホカオネオネのボンダイが置いてあり、ランニングガチ勢のシューズがなぜここに!?と思ったくらい、おしゃれ・ファッション界隈では履く人が多いのかもしれません。実際におしゃれとして街中で履いている人をあまり見たことないですが、オッ!と思わせる(ランニング)シューズなのは間違いないです。

オ!あれはHOKAのシューズじゃん!

ちなみにおすすめはホカオネオネのホワイトです。

なぜホワイトのシューズがおすすめかというと、全身黒コーデで足元だけ白を入れるのが最強コーデだと聞いて、確かにその通りだと思ったからです※全身はオールブラック、シューズはオールホワイトのツートンカラー(モノクロ)が肝です。その他の色は一切入れないでおきましょう。一気にダサくなるので。

ユニクロの黒パーカ(黒シャツや黒T)、ユニクロの黒スキニー、足元はオールホワイトのホカオネオネで合わせるとそれだけで一気におしゃれになり、誰でも手軽におしゃれになるという再現性の高いコーデは今までで最強だと思います。

特におしゃれに感心がないランナーでもはずれがなくおしゃれに見られるので全身黒ずくめで刺し色として足元だけオールホワイトはおすすめします。いちいち何を着るか悩む必要がなくなります。

ちなみにホカオネオネも厚底ランニングシューズなので、身長が高くなり、シークレットシューズ的にもおすすめです。

おすすめはホカオネオネのボンダイシリーズ(ボンダイ7)

ホカオネオネのボンダイは濡れない特殊加工(撥水加工)が施されているので雨の日も普段使いやマラソン練習でも効果を発揮します。撥水加工されているランニングシューズは結構珍しいので、このホカオネオネのボンダイは頭ひとつ抜きんでたランニングシューズだと言えます。

メリット【ホカオネオネボンダイ】

普段使いとしても重宝し、マラソン練習でもガッツリと使用できる。撥水加工が施されており、雨の日でも気にせず履ける。一足持っていれば、いろいろと便利な高機能(ランニング)シューズ。履き心地も良く、長時間の移動ももちろん足へのダメージ少。

全身オールブラック×足元だけオールホワイトの組み合わせコーデは最強!!

デメリット【ホカオネオネボンダイ】

価格が高い。

ややごつい感じ※薄くシャープなシューズが好きな人には好み的に合わないかも

ホカオネオネのクリフトンはマラソン大会で好記録を狙うというよりは普段のジョギングやペース走で効果を発揮するタイプのランニングシューズ。でもホカオネオネのボンダイはレースにも対応!

まとめ【ホカオネオネボンダイ】

価格は高いですが、そのぶん品質も高い。また、独特のデザインや形が特徴なので、セレクトショップなどにも置かれていたりする異色の(ランニング)シューズ。ホカオネオネのボンダイであればレースにも使用できるランニングシューズです。とくにホカオネオネボンダイは防滴素材(防水)を採用しているのが特におすすめです。ボンダイならば、雨の日でも快適に走れるレインシューズとしても活用できるのではないでしょうか。一見、価格は高く躊躇してしまいますが、コスパという観点で言えば、最高のランニングシューズのひとつと言えます。

ホカオネオネボンダイはおすすめのランニングシューズ!!

備考【ホカオネオネの黒色について】

ホカオネオネのクリフトンやボンダイはオールブラックもありますが、厚底感・重厚感が強くだぼったい印象を受けるので(ダンロップシューズのような印象)個人的にはあまり好きではありません。レッドはかっこいいですが、汎用性が少なく、やはりオールホワイトが最適解のような気がします。ナイキなどのその他のランニングシューズブランドでもオールブラックは比較的多いですが、オールホワイトは思ったより少ないイメージですので、そう言った意味でもオールホワイトのホカオネオネはおすすめです。

ナイキエアズームペガサス37【おすすめ普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ】

Hans / Pixabay

最近ナイキのエアズームペガサス38が登場しましたが、今回はあえてのエアズームペガサス37です。

新作(ペガサス38)が登場したので、もしかすると型落ちとして格安でGET出来るかも!?

ペガサスのカラーはド定番のブラック。

ナイキエアズームペガサスの特徴

ナイキエアズームペガサスシリーズはランニングシューズとしての完成度が高いのが特徴です。多くの人が高評価を与えているランニングシューズとして有名です。特にペース走やジョグなどのスピード練習以外で使用されることが多いですが、もちろんインターバル等のスピード練習でも十分に使用出来ます。スピード練習やレースはナイキペガサスターボを使用して履き分けている方も多いと思います。耐久性も抜群。

まさしくナイキペガサスは万能ランニングシューズ!!

メリット【エアズームペガサス】

価格が安い。トレーニングシューズとしての位置づけでもあり、比較的安価に購入できます。また、耐久性も高く長期間使え、なおかつフィット感も高く誰でも使いこなせる万能ランニングシューズです。長時間履いていても履き疲れしないランニングシューズです。

厚底シューズなので身長が高くなるシークレットシューズ的な効果もあり!!

デメリット【エアズームペガサス】

マラソン練習としては万能ですが、やはり普段使いとしてはややランニングシューズ感がある。性能や履き心地は申し分ないですが、これだけは仕方ないですね。しかし、ほかのランニングシューズと比べて、ペガサス37は使い勝手の良いシンプルなデザインだと思います!

新作のナイキエアズームペガサス38はオシャレなランニングシューズ感が強まって普段使いとしての汎用性は低くなっているような…

まとめ【エアズームペガサス】

失敗しないランニングシューズの代名詞。ランニングやマラソンを始めたい初心者であれば購入して損はしないおすすめのランニングシューズです。ナイキエアズームペガサス37以外のシリーズはよりランニングシューズ感が強いのでナイキエアズームペガサス36やナイキエアズームペガサス38ではなくこのナイキエアズームペガサス37が個人的にはベストオブベストです。一足あれば、充実したランニング生活を送れます。

【おすすめシューズ番外編】普段使い出来るおしゃれなランニングシューズ

ナイキヴェイパーストリートフライニット

ナイキの厚底ランニングシューズといえば、今やマラソン代表選手のほぼ全員が履いていると言っても過言ではない【ナイキヴェイパーフライ】です。

このナイキヴェイパーフライの普段使い(カジュアル版、おしゃれ版)として登場したのが、ナイキヴェイパーストリートフライニット(VAPOR STREET FRYNIT)です。意外と知られていないので、人と違ったおしゃれなランニングシューズを探している人には特におすすめです。

ナイキヴェイパーストリートフライニット(VAPOR STREET FRYNIT)の特徴

ナイキヴェイパーストリートスライニットはヴェイパーフライのようなカーボンプレートは搭載されていません。よって、競技ではなくあくまで普段使い(おしゃれ)として登場したランニングシューズとなります。

特徴としてはやはりそのデザイン!一言で言えば、かっこいい!!めちゃくちゃかっこいい!!デザイン×カラーリングでいえば、これまで登場したどのランニングシューズよりもかっこいいと思います。

メリット【ナイキヴェイパーストリートフライニット】

見た目が最高にかっこいい。カラーデザインも申し分なし。ナイキヴェイパーの名前が付けられている通り厚底で身長が高く見えることもGOOD。ナイキのヴェイパーフライシリーズはどれもランニングシューズ感が否めないがこのヴェイパーストリートは【ストリート】という名前にぴったりの街で履けるおすすめランニングシューズ。

デメリット【ナイキヴェイパーストリートフライニット】

あくまで普段使いなので、マラソン練習でどこまで使用できるのか不明(というか、あまり使用できそうにないかも)。マラソン練習やレースを想定していないことからも耐久性が高くないと思われます。レビューではソールが柔らかく、減りが早いとかなんとか……(泣)練習で使用できる耐久性があり、このデザインであれば即購入レベル。あと、価格が高いため気軽にポチれないこともデメリット。

まとめ【ナイキヴェイパーストリートフライニット】

見た目ではどのランニングシューズよりもかっこよく、ナイキ独自のランニングシューズの技術も搭載されているので、歩きやすく走りやすいと思います。特にフライニットは伸縮性が高く、優しく足を包んでくれるため、靴擦れなどのサイズトラブルも少ないです。

フライニットの性能に関しては↓以下の記事↓をご覧ください!

検証!噂のナイキ厚底ランニングシューズズームフライ買ってみた!
どうも! 元帰宅部の本気【The VO2 MAX RUN】というYOUTUBEチャンネルで全力疾走をしている市民ランナーです。 ついに手に入れました! ナイキの厚底ランニングシューズ ナイキズーム...

ナイキズームフライ、ホカオネオネボンダイ、ナイキズームペガサス37など他のランニングシューズはがっつりとマラソン練習に使用できますが、このナイキヴェイパーストリートフライニット(VAPOR STREET FRYNIT)は普段履きに特化していることがある意味致命的なデメリットです。でも、かっこいいんだな~これが。街でこのランニングシューズを履いている人も少ないため、【スポーツ×おしゃれ】というこだわりという意味では最強最高のランニングシューズと言っても過言ではないと思います。

元帰宅部がマラソン大会で入賞出来るまでの練習方法

コメント